矯正前・矯正中の疾患は

矯正前・矯正中の疾患は

当院では、治療前・治療中に虫歯や歯周病疾患が発見された場合、地域の歯科医師会に所属している歯科医院をご紹介し、そちらとの連携を取りながら治療を行っております。

病気を治してから矯正治療をはじめましょう

矯正前の疾患歯ぐきが炎症を起こしているのに、矯正をはじめたらどうなるでしょう。矯正治療は歯を動かしますが、動く方向にある歯ぐきを圧迫します。もし、歯ぐきが炎症を起こして腫れている場合、圧迫を加えることにより痛みが生じます。また、歯の神経も鈍くなったり過敏になったりすることがあり、それまで痛まなかった虫歯が痛むようになることもあります。

当院では、矯正治療をはじめる前に虫歯や歯周病、顎の関節や筋肉のチェックを行い、病気が発見された場合には連携を取っている近隣の医院様に紹介状を書き、まずはその治療をしていただくことにしております。

矯正治療と虫歯について

矯正治療と虫歯虫歯がある場合、矯正治療をはじめる前に虫歯を治しておくのが望ましいのですが、抜歯をする歯が虫歯になっているときには治療の必要はありません。また、クラウンが必要な場合も、一時的なクラウンに留めることにして、矯正後にかみ合わせがしっかりと合ったものを入れていただくことにしております。

矯正中に虫歯になった場合
矯正治療中に虫歯になったり、あるいは矯正中に虫歯が発見されたりすることがあります。たとえば虫歯が歯と歯の間に隠れていて小さい場合、目では直接確認できず、レントゲンでもはっきり映らないことがあります。

このような場合、歯が動くにつれて虫歯が見えてくるようであれば、矯正治療中でも虫歯治療を受けていただく必要があります。また、新たに虫歯ができた場合も同じです。矯正装置を部分的に外し、虫歯を治療してもらってから再装着することで対処することができます。

矯正治療と歯周病について

矯正治療と歯周病歯周病とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が歯周病菌によって侵されていく病気です。歯槽骨まで病気が進行し、著しく骨が減少してしまっている場合、矯正治療によってさらに減少する可能性があります。場合によっては、歯の寿命が短くなり、抜けてしまうリスクもあります。当然のことながら、歯周病がある場合にはその治療を優先して行う必要があります。

ただし、日本人の成人の80%が歯周病にかかっているといわれている現在、これでは多くの人が矯正治療を受けられないということになりかねません。歯周病でも、病気が歯肉に限られている場合や、骨の減少が軽度な場合、歯周病医によって十分に管理されている場合には、十分に治療することが可能になります。

また、矯正治療中に歯周病や虫歯の原因となるプラーク(歯垢)の清掃が必要な場合には、専任の衛生士が必要なメンテナンスを行っております。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。