見えにくい・目立ちにくい矯正治療

見えにくい・目立ちにくい矯正治療

矯正装置が目立ってしまうから治療に踏み切れない。そんな患者さんのために、当院では各種治療方法や装置を取りそろえ、患者さんのご要望に応えております。

見えにくい矯正

リンガル矯正歯の舌側(裏側)に装置をつけることによって、周りの人には見えにくく治療することができます。人前で話をする機会が多い方や、どうしても表側に装置を付けたくない方に適した治療法です。

治療期間は現在、表の矯正と変わらないか、症例によってはより早く治療が終わることもあります。装置も小さくなってきており、違和感や発音のしづらさもかなり軽減されております。表側の装置と比較して裏側は虫歯になるリスクが1/5との報告もあるなどメリットが多い治療法です。

装置の製作(簡単な写真や絵など)もSETUPとよばれる最終的なきれいな歯並びを一旦作る予測模型やコアと呼ばれる精密な治療の土台となる装置の製作を矯正専門技工所に依頼し、その設定確認を行った後に製作、納品いただいております。

●デメリット
当然口を開けていないと治療ができない、治療の初回は舌の違和感や発音に慣れる必要があるなどがありますが、以前に比べかなり装置が小さくなっており、初回以降は次第に軽減されていきます。また、費用が比較的高いことも挙げられます。

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正上の歯は裏側に、下の歯は表側に装置をつけて治療する方法です。上も下も表側からつけて治すより、装置が目立ちにくく、リーズナブルで発音や食事への影響が少ないため、人気のある治療法です。

目立ちにくい矯正治療

ブラケット目立ちにくい矯正治療
近年の進化は目覚ましく、ブラケットはかなり美しく、小さくなってきております。当院では、セラミック製、ポリウレタン製、サファイア製、プラスチック製など各種取りそろえております。

目立ちにくい装置、ワイヤー
ブラケット以外にもフックやワイヤーなどは白いものや目立ちにくいものをできる限り使用し、また裏側からの装置を採用するなど、治療期間中なるべく目立ちにくいように治療を行っております。

マウスピース矯正

透明で薄型のためほとんど目立たず、周囲の人にも気づかれずに治療ができます。また食事や歯みがきのときなどに自分で取り外せるため、清潔で違和感もないのが特徴です。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)
当院で取り扱いをしているマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は、米国アライン・テクノロジー社が開発したマウスピース矯正治療システムです。独自のソフトウェアを使って治療計画を立てているのが特徴で、現在、世界90カ国以上の国々で提供され、これまでに900万人を超える患者さんが治療を受けられています。(2020年10月現在)

マウスピース型矯正歯科装置(アソアライナー)マウスピース型矯正歯科装置(アソアライナー)
マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)と同様にマウスピースを使って行う矯正治療で、やはり食事や歯みがきのときに取り外すことができるほか、「異物感が少ない」「金属アレルギーの心配がない」といったメリットがあります。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン、アソアライナー)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース矯正についてはこちら

歯をなるべく抜かずに目立ちにくい矯正治療

矯正治療最近は歯を抜かないで治療を行うことも以前に比べ多くなっておりますが、その場合も目立ちにくい治療を行うことができます。治療初期には横の歯に装置をつけることもありますが、それ以外は裏側から行ったり、マウスピース型矯正装置(インビザライン)により治療を行うことができます。もちろん歯を動かす程度などにより抜歯をお勧めすることもあります。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。