矯正治療とは...

矯正治療とは

当院では、単に歯並びを整えるだけではなく、かみ合わせが正しくなっているかという点を重視しています。かみ合わせを正しくすることで、患者さんの生活の質(QOL)全体が向上するのです。

かみ合わせは、歯の寿命を左右します

矯正治療とは一見してきれいに見える歯並びでも、かみ合わせがよくないと歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。たとえば叢生という歯並びがデコボコになっているケースです。歯みがきが難しく、どうしても歯ブラシが届かない部分ができてしまうため、虫歯になるリスクが高まります。また、開咬という上下の前歯がかみ合わない状態の場合、奥歯だけがかみ合っているので負担がかかりやすく、歯が欠けたりすることがあります。

生え替わりの時期は反対咬合の改善を

反対咬合の改善お子さまの歯が乳歯から永久歯に生え替わりはじめる6歳前後の頃は、反対咬合(受け口)になる割合が多く見られます。

反対咬合は、そのまま放置しておくと次第に下顎骨が成長していくために、見た目的にも完全な受け口になってしまいます。そうなってからでは治療も大がかりなものになるため、できることならば生え替わりの時期に矯正治療をすることをお勧めします。

予防歯科としてのかみ合わせチェックを

矯正治療とは虫歯や歯周病などと同様に、一般に病気が進行してから治療をするよりも、早い時期に治療やメンテナンスをする方が、治療期間が短く費用もかからずに済むものです。いいかみ合わせでない場合、歯は長い年月をかけてゆっくりと動き、さらに悪いかみ合わせへと変化していきます。そのため、かみ合わせを定期的にチェックすることにより、大きな治療をせずにすみます。

たとえば、部分的に正しくかみ合っていない歯があるという場合、放置しておいて歯周病になったりすると、歯を支える骨(歯槽骨)が痩せていくので歯並びが次第に崩れていき、かみ合わせ全体が悪くなるケースがあります。

歯並びとかみ合わせを定期的にチェックしメンテナンスすることで、歯並びの崩れを極力抑え、かみ合わせを保つこともできるのです。歯周病にならないよう日頃から予防し、そして歯並びやかみ合わせもこまめにチェックしていくことが大切だといえるでしょう。

歯並びが悪いままだと

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。