矯正治療と虫歯について

矯正治療と虫歯虫歯がある場合、矯正治療をはじめる前に虫歯を治しておくのが望ましいのですが、抜歯をする歯が虫歯になっているときには治療の必要はありません。また、クラウンが必要な場合も、一時的なクラウンに留めることにして、矯正後にかみ合わせがしっかりと合ったものを入れていただくことにしております。

矯正中に虫歯になった場合
矯正治療中に虫歯になったり、あるいは矯正中に虫歯が発見されたりすることがあります。たとえば虫歯が歯と歯の間に隠れていて小さい場合、目では直接確認できず、レントゲンでもはっきり映らないことがあります。

このような場合、歯が動くにつれて虫歯が見えてくるようであれば、矯正治療中でも虫歯治療を受けていただく必要があります。また、新たに虫歯ができた場合も同じです。矯正装置を部分的に外し、虫歯を治療してもらってから再装着することで対処することができます。