治療後のメンテナンス

治療後のメンテナンス矯正治療後は、歯の位置が後戻りするのを防ぐために保定装置を装着しなければならない期間があります。歯にはもともと自分で動こうとする力があるため、矯正装置によって動かされた歯も、そのまま放っておくと後戻りしてしまいます。したがって治療後の歯並びを安定させるために一定の期間が必要になります。

矯正治療は、歯並びが整ったら完了するのではありません。保定期間として、2年程度はリテーナーという保定装置を装着する必要があります。これをおろそかにしてしまうと、せっかく美しい歯並びを手にした意味がなくなってしまいます。保定期間も重要な治療期間であると考え、治療後の歯並びの経過やリテーナーのチェックを定期的にきちんと受けることで、歯並びを安定させましょう。