40〜50代は体と同じように歯のメンテナンスが必要です

40歳以上の矯正子育てが終わり一段落して、あるいは子どもと一緒に矯正をはじめようという方が増えています。矯正は子どもの頃にはじめるもの、という考え方が変わってきているのです。実際に、これまでコンプレックスに感じられていた方が思い切って受診されるケースが多くなっており、なかでも昼間の時間帯の通院にて上下リンガル治療をされる方が比較的多いようです。

ただし、この年代の方の歯並びは虫歯や歯周病の治療を受けていたりして、矯正治療をする条件としては決していい状態とはいえません。しかし治そうという動機がしっかりしているため、治療がスムーズに進むことが多いというのが特徴です。

歯も体と同じで、40年以上使い続けていれば見た目的にも機能的にもさまざまな問題が出てくるものです。この年代は、一度自分の歯がどのような状態になっているかを知る、いい機会ということができます。40歳を過ぎた頃から歯ぐきがやせて歯にガタつきやズレが生じたり、歯間の隙間が広くなって歯並びが貧相になったように感じる方もいらっしゃることでしょう。これまでは気にならなかった歯の美醜やトラブルが悪化し、矯正治療をはじめる方も増えています。

歯のエイジングが進んでいく中で快適な生活を送るには、それなりのケアが必要になってきます。体の健康維持のためにジョギングをしたりジムに通ったりする方もいますが、歯並びのためにはそうもいきません。8020運動(80歳になっても自分の歯を20本残すキャンペーン)をご存じの方も多いと思いますが、まずは自分の歯並びの状態をきちんと知ることが、美しく健康的な口元を保つ第一歩です。