成人矯正の目的

成人矯正の目的

大人になってからの矯正治療の大きな目的のひとつは、審美的な面の改善ということにあります。出っ歯や受け口、八重歯など、外見を気にして治療をはじめる方が多いのです。

子どもの時期には、本人の希望よりも親御さんなど周囲の希望が優先されることが多く、成長期の矯正治療に適した時期に治療をはじめたとしても、治療の進み方が悪いケースがあります。しかし、自分の意志で美しい口元を目標に矯正治療を望む大人の矯正治療は、歯みがきや矯正装置の手入れなどにも気を配ることができるので、口腔内がよい状態で効率的に治療を進めることができます。

またこの時期は、マイクロインプラントの使用が可能であり、つまり適応範囲の拡大や期間の短縮を図れ、治療の質の向上など多くのメリットを享受できます。もちろんマイクロインプラントを使用したくない方は、使用しない治療方法をご提案させていただきます。