矯正装置・治療法について

矯正装置・治療法について

矯正装置が目立ってしまうから治療に踏み切れない。そんな患者さんのために、当院では各種治療方法や装置を取りそろえ、患者さんのご要望にお応えしております。

見えない舌側矯正(リンガル矯正、裏側矯正)

舌側矯正歯の舌側(裏側)に装置をつけることによって、周りの人には見えることなく治療することができます。人前で話をする機会が多い方や、どうしても表側に装置を付けたくない方に最適な治療法です。

治療期間
現状では、表の矯正と変わらないか、症例によってはより早く治療が終わることもあります。装置も小さくなってきており、違和感や発音のしづらさもかなり軽減されております。表側の装置と比較して裏側は虫歯になるリスクが1/5との報告もあるなどメリットが多い治療法です。

装置の製作
簡単な写真や絵などもSETUPとよばれる最終的なきれいな歯並びをいったん作る予測模型や、コアと呼ばれる精密な治療の土台となる装置の製作を日本最大の矯正専門技工所に依頼し、その設定確認を行った後に製作・納品いただいております。

デメリット
当然口を開けていないと治療ができない、治療の初回は舌の違和感や発音に慣れる必要があるなどがありますが、以前に比べかなり装置が小さくなっており、初回以降は次第に軽減されていきます。また、費用が比較的高いことも挙げられます。

●ハーフリンガル矯正舌側矯正
上の歯は裏側から、下の歯は表側に装置をつけて治療する方法です。上も下も表側からつけて治すより、装置が目立ちにくく、リーズナブルで発音や食事への影響が少ないため、人気のある治療法です。

目立たない矯正

審美ブラケット審美ブラケット
近年の進化は目覚ましく、ブラケットはかなり美しくかつ小さくなってきております。当院では、セラミック製、ポリウレタン製、サファイア製、プラスチック製など各種取りそろえております。

目立たない装置、ワイヤー
ブラケット以外にもフックやワイヤーなどは白いものや目立たないものをできる限り使用し、また裏側からの装置を採用するなど、治療期間中なるべく目立たないように治療を行っております。

マウスピース型の矯正

患者さんがご自身で取り外しすることができる透明なマウスピースを使用する治療法です。睡眠時間をふくめて1日20時間は装着しておく必要があります。装置の能力に限界があるため、難しい症例には使用できない場合があります。

インビザラインインビザライン
マウスピースをオーダーメイドで製作し、2週間ごとに交換しながら徐々に歯を動かしていきます。治療する前に、使用する複数のマウスピースを最終的な段階までまとめて製作する方式をとるのが特徴です。そのため、来院回数(6〜8週間に1度)を減らすことが可能です。(インビザライン以外のシステムでは、約2〜3週間に1度のペースで来院していただき、その都度歯型を取って新しいマウスピースを製作する必要があります。)

●インビザラインの特徴
・食事中は取り外すことができるため、自由に飲食することができる。
・装置を取り外して歯をみがけるので、口腔内の衛生状態を管理しやすい。
・清掃性がいいので、虫歯や歯周病のリスクが軽減される。
・少しずつ歯を動かしていくので、痛みが少ない。
・ポリウレタン素材のため、金属アレルギーの心配がない。

アソアライナーアソアライナー
マウスピース矯正は、1個のマウスピースで移動できる歯の移動量が最大で1㎜程度と限られています。そのため、適切な位置に歯を移動させるためには、数段階に分けたマウスピースが必要になります。
アソアライナーは、次の段階に移動する際、毎回型取りをする作業が必要になります。しかし、その時点で最適な歯型を取ることができ、それに合わせたマウスピースを製作できるので、それだけ精度の高い治療をすることができます。

●アソアライナーの特徴
・取り外し式で透明なため、目立たず清掃性がいい
・痛みが少ない
・ご来院のたびに歯型を取り、歯のことを熟知した技工士が丁寧にマウスピースを製作するので、状況に合わせた治療ができる
・部分矯正にも適応可能な場合がある

歯を抜かず、目立たない矯正治療

非抜歯最近は歯を抜かないで治療を行うことも以前に比べ多くなっておりますが、その場合も目立たせないで治療を行うことができます。治療初期には横の歯に装置をつけることもありますが、それ以外は裏側から行ったり、インビザラインなどのマウスピース矯正により治療を行うことができます。もちろん歯を動かす程度などにより抜歯をお勧めすることもあります。

マイクロインプラント矯正

※歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

インプラント矯正矯正治療用につくられた小さなインプラントを一時的に歯と歯の間などの骨に入れ、この装置を支点として歯を引っ張って歯列を整える治療法です。通常の治療よりも歯の動きが安定するので、治療期間が短縮できる場合があります。

矯正用のインプラントは、通常のインプラントとは違い、取りつけるのに要する時間がごくわずかです。また、歯列の移動が終わると簡単に取り外すことができます。当院で採用している装置は、脱落もほとんどなく、小さいために違和感も少ないという特徴があります。