生え替わりの時期は反対咬合の改善を

反対咬合の改善お子さまの歯が乳歯から永久歯に生え替わりはじめる6歳前後の頃は、反対咬合(受け口)になる割合が多く見られます。

反対咬合は、そのまま放置しておくと次第に下顎骨が成長していくために、見た目的にも完全な受け口になってしまいます。そうなってからでは治療も大がかりなものになるため、できることならば生え替わりの時期に矯正治療をすることをお勧めします。