成人矯正の目的

成人矯正の目的

大人になってからの矯正治療の大きな目的のひとつは、審美的な面の改善ということにあります。出っ歯や受け口、八重歯など、外見を気にして治療をはじめる方が多いのです。

子どもの時期には、本人の希望よりも親御さんなど周囲の希望が優先されることが多く、成長期の矯正治療に適した時期に治療をはじめたとしても、治療の進み方が悪いケースがあります。しかし、自分の意志で美しい口元を目標に矯正治療を望む大人の矯正治療は、歯みがきや矯正装置の手入れなどにも気を配ることができるので、口腔内がよい状態で効率的に治療を進めることができます。

またこの時期は、歯科矯正用アンカースクリューの使用が可能であり、つまり適応範囲の拡大や期間の短縮を図れ、治療の質の向上など多くのメリットを享受できます。もちろん歯科矯正用アンカースクリューを使用したくない方は、使用しない治療方法をご提案させていただきます。

かみ合わせの改善

かみ合わせの改善成人の矯正治療は外見の変化が大きな目的であり利点として考えられることが多いのですが、実際にはもっと重要なことがあります。それは「かみ合わせの改善」です。よいかみ合わせを「正常咬合」、悪いかみ合わせを「不正咬合」といいますが、不正咬合を改善しなければさまざまな症状が現れるといわれています。

また、歯並びがよくなると、それまで歯ブラシが届かなかった部分までブラッシングできるようになり、虫歯や歯周病の予防が容易になります。さらに、食べ物をよく咬んで食べるようになるので、とても健康的な体になると考えられています。

「矯正治療とは...」はこちら

高校生・大学生の場合

高校生・大学生の場合学生時代は恋愛がつきものです。また、留学や就活などをする機会が増えるため、歯並びのことがいっそう気にかかるようになります。とくに就職活動では、口元の美しさが面接官に与える印象は小さくありません。

この時期、もし矯正をしたいと考える瞬間があるならば、制約が多い社会人になってからはじめるよりも、ある程度自由がきく学生時代に治療をはじめておく方がメリットは大きいでしょう。

20〜30代の場合

20〜30代の場合近頃は日本でもグローバルな活動をしている企業が増えてきました。欧米では、すでに歯並びがきれいなことは常識です。グローバルに活躍していくことを望む方にとって、矯正治療の必要は高まっています。また職種についても、営業職や受付などでは美しい口元を求められることがあります。プレゼンテーションをする場合などでも、矯正治療をすることによって自信を持って仕事に臨めるようになるでしょう。

当院では、社会人の場合には仕事やライフスタイルに合わせた治療法をご提案しております。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。