12〜14歳の矯正

12〜14歳までの矯正

この年頃のお子さまは自分の外見が気になる時期で、ちょっとしたことにも悩みやすい特徴があります。歯並びが悪かったり、歯並びのせいでうまく発音できなかったりするのは、大きなコンプレックスの原因となります。この時期は、保護者の方の歯並びに対する考え方しだいで、お子さまの歯並びが決まると言ってもいい時期でもあります。お子さまに、歯のトラブルがない人生を贈りましょう。

12〜14歳までの矯正

12〜14歳の矯正12歳臼歯が生えてきて永久歯が生えそろい、かみ合わせが完成しようとする時期です。Ⅱ期治療(ワイヤー矯正)のなかで最も歯の移動が早い時期であり、1.5年~2年程度で保定へ移行できる可能性が高い時期です。早い人は高校入学のころに治療が終了できるでしょう(最初の状態により個人差があります)。

歯を抜かない治療が適応の方は歯科矯正用アンカースクリューを使用しないでも行えます(もちろん使用可能な方でご希望があれば使用させていただきます)。

歯並びがデコボコになっている場合、すべての歯を無理矢理並べようとすると、顎の骨に歯が収まりきらず、かえってかみ合わせが崩れたり口元が膨らんだりするなど、悪い影響が現れるリスクがあります。このような場合には、抜歯をして歯の数を減らして治療します。

またこの時期はみなさん学校生活や部活動、塾や習い事が忙しいだけでなく、思春期を過ぎたころであり、比較的歯みがきがおろそかになりやすい時期でもあります。この時期にご本人のブラッシングの徹底的な意識づけも、あらためて行える時期かと思われます。

目立ちにくい装置で学校生活をエンジョイできる

12〜14歳の矯正永久歯が生えそろっている場合には、裏側矯正もできますし、見えにくい白いワイヤーなどもご用意しています。当院では、学校生活に支障が出ないよう、お子さま一人ひとりに適した治療計画をご提案しております。

乳歯と永久歯が混在している場合の矯正

12〜14歳の矯正まだ永久歯が生えそろっておらず、乳歯が混在しているお子さまでも透明なマウスピースを使った矯正ができるようになりました。10代向けのマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン・ティーン)は透明で滑らかなプラスチックでできたマウスピースなので、矯正治療をしていることをお友だちに気づかれることがありません。自由に取り外しができるので、歯みがきやフロスなど、歯のお手入れをするのも簡単です。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン、アソアライナー)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。