Ⅰ期治療とⅡ期治療について

〜11歳までの矯正

子供の歯は、乳歯が生えはじめてから10数年を経てすべてが永久歯に生えかわります。この間を「乳歯列期(乳歯のみの時期)」「Ⅰ期治療(混合歯列期)」「Ⅱ期治療(永久歯列期)」と分類し、矯正治療を行っています。

Ⅰ期治療である11歳頃までは、歯の生え替わりや成長があることから、矯正治療で大きな効果が期待できる時期です。しかしその反面、顎の骨の形態や歯並び、かみ合わせを悪くするような習癖等を放置していると、次第に症状が重くなってしまう危険性を合わせもっています。最近ではⅠ期治療はあまりせずにⅡ期治療から行う治療方針もきかれますが、明らかにⅠ期治療を行っておかないと、Ⅱ期治療で治療の選択肢が狭まる場合があります。やはり体だけでなく、顎も健全な成長が大切です。

〜11歳までの矯正〜11歳までの矯正

お子さまは、6~8歳頃に上あごが成長し、その後9~12歳頃にかけて下あごが急速に成長します。この時期にあごの突出(下顎前突・受け口)やあごの成長の遅れ(上顎前突・出っ歯)が見られる場合は、早めに対処することをお勧めします。

また、9~11歳ごろに治療をスタートさせることで、将来抜歯をしないで治療ができる可能性が高くなります(ただし、その程度や成長の度合いなどによりすべてではありません。最初から将来便宜抜歯の可能性があることをお伝えする方もいます。また、お子さまにより8歳ごろから適応となる場合や11歳では遅い場合もあります)。

近年の技術進歩により生え替わりのころから歯を抜くのではなく、歯を抜かないように治療を開始し、Ⅱ期治療で歯を抜かないでととのえることができる方が増えてきております。

一般的な年齢による主な治療内容

〜11歳までの矯正①5~7歳頃:反対咬合の改善や、習癖の除去
②7~9歳頃:萌出スペース不足の解消
③9~11歳頃:下顎の健全な成長促進、非抜歯治療の開始
④埋伏歯や歯の欠損などの治療

※①の場合はⅠ期治療で保定へ移行し終了する場合もありますが、③~④の場合はⅡ期治療へ移行する可能性が高いです。ただし、すべての方に状況をご説明させていただいた上で、Ⅰ期治療終了時にそれ以降のⅡ期治療へ移行されるか、保定へ移行されるかのご意向、ご希望をお聞きします。

小学生以前

小学生以前まだ乳歯が生えているこの時期は、成長とともに少しずつ歯並びの問題が明らかになってくる年代です。早い時期に顎の成長を利用した矯正治療を行う方がいいのか、しばらく経過観察する方がいいのか、この時期にきちんと見極める必要があります。

お子さまが指しゃぶりを続けている場合、骨の変形、上の前歯の前方への突出、下の前歯の歯並びがデコボコになるといったリスクがあるため、指しゃぶりを防止するための装置を使用することがあります。

小学生

小学生歯並びに異常が見られる場合、この時期に治療をスタートさせることで、将来抜歯をせずにすむ可能性が高くなります。

小学生の前半で、お子さまの歯は乳歯から永久歯に生え替わります。乳歯の時期に前歯が隙間なく並んでいると、後から生えてくる永久歯の方が大きいため、そのままでは隙間が足りずにデコボコや八重歯になる可能性があります。顎の成長を利用できる時期であれば、床矯正などで歯がきれいに並ぶようにスペースを作ります。

高学年になると、横の歯が生え替わる時期であり、デコボコの歯並びになっている場合には歯並びの大きさを広げる治療を開始します。永久歯に生え替わった後は、大人と同じようにワイヤーを使った矯正治療も行います。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。