歯並びが悪いままだと......

歯並びが悪いままだと......

矯正治療は、歯並びを治すのがもっとも大きな目的ですが、それは単に見た目をきれいにするだけではありません。歯並びやかみ合わせが悪いまま放っておくと、心身にわたる健康に悪影響をおよぼす可能性が高くなります。口元だけでなく、全身の健康を考えた治療が、矯正治療の本来の目的です。

歯並び・かみ合わせが悪い場合のデメリット

歯並びが悪い場合のデメリット歯並びやかみ合わせが悪いと、次のようなデメリットがあります。

・虫歯や歯周病になりやすい
歯並びがデコボコだとブラッシングが上手くできないので、虫歯や歯周病になりやすくなります。
・食べ物を咬む機能が低下する
歯並びが悪いと、食べ物を咬んで小さくし、唾液と十分に混ぜ合わせることができなくなるため、消化不良の原因になりやすくなります。
・発音がしにくくなる
上下の歯がかみ合っていなかったり、出っ歯や受け口になっていたりすると、正しい発音ができない場合があります。
・顎の関節に負担がかかる
正しいかみ合わせができていないと、顎の成長に影響をおよぼし、顎が歪んだり顔が左右非対称になったりします。
・心理的な影響を与える
歯並びの悪い口元を気にして人前に出ることを恥ずかしく感じたり、引っ込み思案になる場合があります。

矯正治療は、こうしたデメリットを解消して咬む機能を回復させ、きれいな歯並びとともに笑顔が似合う美しい口元を整えることを大きな目標としています。矯正治療によって生活の質(QOL)が向上し、健康な心と体で自信を持って笑っていただけるようになります。

矯正治療をするメリット

矯正治療をするメリット次へ矯正治療をするメリット

●顔全体のコンプレックスを解消できます
歯並びがきれいになると口元が引き締まるため、自信を持って人と話せるようになります。また、鼻と顎の先端を結んだエステティックラインが整って横顔が美しくなり、輪郭がすっきりします。

●かみ合わせを改善します矯正治療をするメリット
矯正治療をするとかみ合わせが良くなり、さらにしっかり咀嚼できるようになります。前歯で咬み切ることができたり、奥歯の咬みごたえがでてきたりとお口の健康にいい影響をおよぼします。そのほか、発音や顎の動きもよくなる場合があります。

●歯を長持ちさせることができます
歯並びがよくなると唾液の流れがよくなるので、歯垢(プラーク)が溜まりにくくなります。さらに矯正治療を受けると、多くの患者さんが歯ブラシを意識して使うようになります。それによって歯周病のリスクやお口のトラブルになるリスクが減って、全体的に生活の質(QOL)が上がっていきます。また、かみ合わせを改善することにより、歯にかかる無駄な力を取り除くことができます。そのため、将来的には歯を長持ちさせることに繋がるのです。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。