顎関節症の治療

多くの場合、試験的にスプリント(シリコンで作成したマウスピース)療法を行います。顎関節の正常な位置を体に記憶させること、また顎の関節や筋肉の負担を軽くすることを目的としています。

スプリント療法の詳細スプリント療法
顎関節症の原因はさまざまですが、その中でも大きな原因となっているのが、上下の歯をかみ合わせた時に、深く咬みすぎてしまうことです。そこで顎関節症の治療は、その逆の状態を作ってあげればよいということになります。顎関節症の治療は、顎関節そのものを治そうとするのではなく、まず下顎の咬み込みを少なくすることを目的とします。

スプリント療法は、着脱式のプレートを使用し、深く咬み込めないようにします。そうすることで、下顎頭と顎関節窩に関節円板が正しく戻るスペースができます。あとは関節円板が自然に正しい位置に戻るのを待ちます。関節円板が正しい位置に戻ると、顎関節もスムーズに動けるようになります。