治療中のメンテナンス

治療後のメンテナンス固定式のブラケットタイプの矯正装置は、装置と歯の間にみがき残しが多くなりがちなので、虫歯になるリスクが高くなります。虫歯ができると、治療を一時中断し虫歯治療を優先しなければならなくなります。そのため、装置と歯の間など汚れがたまりやすい場所は、とくに念入りに歯みがきをするようにしましょう。染め出し液を使ったり、鏡を見ながら歯を一つひとつ確認してブラッシングしたりするのも効果的です。

「矯正前・矯正中の疾患は」はこちら