歯を抜かず、目立たない矯正治療

非抜歯最近は歯を抜かないで治療を行うことも以前に比べ多くなっておりますが、その場合も目立たせないで治療を行うことができます。治療初期には横の歯に装置をつけることもありますが、それ以外は裏側から行ったり、インビザラインなどのマウスピース矯正により治療を行うことができます。もちろん歯を動かす程度などにより抜歯をお勧めすることもあります。