インダイレクトボンディング法の採用

インダイレクトボンディング法矯正装置を患者さんの歯に装着するときには、ドクターは細心の注意を払います。どのように装置が歯に装着されたか、ほんのわずな違いが「きれいな歯並び」の仕上がりや「治療期間の短縮」につながってくるからです。当院では必要に応じこの方法を採用しております。

【インダイレクトボンディング法】
当院で行っている方法です。患者さんのお口に合わせたトレーを製作し、一度に装置を装着できるのが特徴です。

・インダイレクトボンディング法のメリット
施術時間が短いため、患者さんにかかる負担が少なくてすみます。また、模型上で装置の位置を決めていくことから、精度の高い装着が可能になります。結果として、歯が早くきれいに並びますので、全体の治療期間の短縮と治療結果の向上につながります。
・インダイレクトボンディング法のデメリット
技工作業が必要になるため、医院が負担する時間と経費がかかります。

【ダイレクトボンディング法】
多くの矯正歯科医院で一般的に行われている治療法で、ドクターが一つひとつの装置を歯に貼りつけていく方法です。

・ダイレクトボンディング法のメリット
技工作業が不要なため、医院にとっては時間や経費がかかりません。
・ダイレクトボンディング法のデメリット
すべての歯に装置を装着し終えるまで、患者さんには30分以上もお口を開けていただく必要があります。また、お口の中に装置を誤差なく正しい位置に装着することは、技術的にもかなり困難だといえます。

治療の流れ
【STEP 1】患者さんの歯型を型取りします
次へ
【STEP 2】模型上に装置を貼りつけていきます
次へ
【STEP 3】トレーを製作をします
次へ
【STEP 4】トレーを使い、歯に装置を装着します