小学生以前

小学生以前まだ乳歯が生えているこの時期は、成長とともに少しずつ歯並びの問題が明らかになってくる年代です。早い時期に顎の成長を利用した矯正治療を行う方がいいのか、しばらく経過観察する方がいいのか、この時期にきちんと見極める必要があります。

お子さまが指しゃぶりを続けている場合、骨の変形、上の前歯の前方への突出、下の前歯の歯並びがデコボコになるといったリスクがあるため、指しゃぶりを防止するための装置を使用することがあります。