顎関節症

顎関節症

「口を開くときに音がする」「ものを咬むと顎が痛む」「口が開けづらい」
これらは顎関節症の3大症状とされるものです。少なくとも1つ以上あてはまる場合には、顎関節症の疑いがあります。

顎関節症とは

顎関節症とは歯科の2大疾患といえば虫歯と歯周病ということになりますが、顎関節症はそれらに続く第3の疾患として知られるようになってきました。20〜30代の人がもっとも多く、高齢になるほど患者数は減ります。性別では女性が男性の2〜3倍となっています。

顎関節症という名前から考えると、症状も原因も顎関節に限定されるように感じます。しかし、発症すると首の痛みや頭痛をともなう場合もあり、時には捉えにくい症状を示すこともあります。そのため、何科の病院にかかったらよいのか判断がつかず、整形外科や整体、神経内科を訪ねる方もあるようです。

顎関節症の症状

顎関節症顎関節症では、主な症状が1つか、もしくはいくつかが重なって現れます。

顎の痛み
耳の少し前あたりにある顎関節、頬やこめかみの痛み。口の開け閉め、食べ物を咬むときなど、顎を動かしたときに痛むのが特徴です。

開口障害(口を大きく開けづらい)
正常な顎の状態では、口を開いたときに指3本分(約40㎜)が縦に入ります。しかし開口障害の人の場合は、2本程度(約30㎜)もしくはそれ以下しか入りません。顎を動かすと痛むため、無意識に動きを抑えてしまう場合と、顎関節の異常で口を大きく開けられない場合があります。急に口が開かなくなる場合と、次第に開けづらくなっていく場合があります。

間接雑音(顎を動かすと音がする)
顎を動かすと耳の前あたりで「カクカク」「ジャリジャリ」といった音がする。症状が音のみの場合は、顎関節症の予備軍といえますが、治療は必要ないことが多い傾向です。

かみ合わせの異常
顎の筋肉や関節に問題があると、顎の動きに変化が生じてかみ合わせが変わることがあります。急にかみ合わせが変わったように感じるときは、顎関節症の疑いがあるので要注意です。

その他、全身におよぼす症状
顎の周辺だけでなく、全身のさまざまなところに症状が現れることがあります。
頭痛、肩・首・背中の痛み、腰痛、肩こり、耳の痛み、耳が詰まった感じ、めまい、目の疲れ・充血、嚥下困難、呼吸困難、四肢の痺れなど。

顎関節症の原因

1. プラキシズム
食いしばり、歯ぎしり、歯をカチカチ鳴らすなどのことをプラキシズムといいます。これらは筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけてダメージを与えるため、顎関節症のもっとも大きな原因といわれています。

2. ストレス
精神的な緊張は、筋肉を緊張させて食いしばりを起こしたり、夜間の歯ぎしりを起こすなど、プラキシズムに影響します。

3. 偏咀嚼
片側の奥歯がない場合など、左右どちらか一方に偏ってものを咬む癖をいいます。片側だけに多くの負担をかけることになり、発症の原因となります。

4. 顎や筋肉に負担をかける癖や習慣
うつ伏せ寝、横向き寝、頬杖、猫背など。またスポーツでの食いしばりや楽器をくわえるといったことも影響があります。

5. 悪いかみ合わせ
かみ合わせについてはさまざまな議論があり、現在では多くの原因のうちの1つとして考えられ、偏咀嚼やプラキシズムの原因といわれています。また、不正な歯列矯正や歯科治療もかみ合わせの悪さの原因となります。

かみ合わせの異常と早期接触
正常な顎関節の場合は、リラックスした状態で歯をかみ合わせたときに、すべての歯が同時に接触します。しかし、1本だけ先に接触する歯があると咬みにくくなる(これを早期接触といいます)ので、人は無意識のうちにそれを避ける咬み方をするようになります。このような咬み方を長期間続けていると、次第に顎関節の変形や顎関節症を引き起こし、かみ合わせがずれてしまいます。

かみ合わせがよくないからと歯並びを矯正しても、もとの原因が早期接触であった場合、その部分を治さなければ矯正も無駄になってしまいます。顎関節症の治療には、早期接触の見極めも重要です。

顎関節症の治療

多くの場合、試験的にスプリント(シリコンで作成したマウスピース)療法を行います。顎関節の正常な位置を体に記憶させること、また顎の関節や筋肉の負担を軽くすることを目的としています。

スプリント療法の詳細スプリント療法
顎関節症の原因はさまざまですが、その中でも大きな原因となっているのが、上下の歯をかみ合わせた時に、深く咬みすぎてしまうことです。そこで顎関節症の治療は、その逆の状態を作ってあげればよいということになります。顎関節症の治療は、顎関節そのものを治そうとするのではなく、まず下顎の咬み込みを少なくすることを目的とします。

スプリント療法は、着脱式のプレートを使用し、深く咬み込めないようにします。そうすることで、下顎頭と顎関節窩に関節円板が正しく戻るスペースができます。あとは関節円板が自然に正しい位置に戻るのを待ちます。関節円板が正しい位置に戻ると、顎関節もスムーズに動けるようになります。