メンテナンスについて

メンテナンスについて

精度の高い矯正治療を実現するためには、治療中・治療後のメンテナンスが非常に重要です。正しい知識を身につけて、きれいな歯並びを手に入れましょう。

治療中のメンテナンス

治療後のメンテナンス固定式のブラケットタイプの矯正装置は、装置と歯の間にみがき残しが多くなりがちなので、虫歯になるリスクが高くなります。虫歯ができると、治療を一時中断し虫歯治療を優先しなければならなくなります。そのため、装置と歯の間など汚れがたまりやすい場所は、とくに念入りに歯みがきをするようにしましょう。染め出し液を使ったり、鏡を見ながら歯を一つひとつ確認してブラッシングしたりするのも効果的です。

「矯正前・矯正中の疾患は」はこちら

治療後のメンテナンス

治療後のメンテナンス矯正治療後は、歯の位置が後戻りするのを防ぐために保定装置を装着しなければならない期間があります。歯にはもともと自分で動こうとする力があるため、矯正装置によって動かされた歯も、そのまま放っておくと後戻りしてしまいます。したがって治療後の歯並びを安定させるために一定の期間が必要になります。

矯正治療は、歯並びが整ったら完了するのではありません。保定期間として、2年程度はリテーナーという保定装置を装着する必要があります。これをおろそかにしてしまうと、せっかく美しい歯並びを手にした意味がなくなってしまいます。保定期間も重要な治療期間であると考え、治療後の歯並びの経過やリテーナーのチェックを定期的にきちんと受けることで、歯並びを安定させましょう。

定期検診で長持ちする歯に

定期検診保定期間が終わり、いよいよ何もつけずに過ごせるようになりましたら、そこからは通常の口腔ケアに移っていきます。せっかく歯並びを整えたというのに、虫歯や歯周病にかかって歯を失ってしまうようなことになってしまっては、元も子もありません。

そのようなことにならないためにも、ご自宅での歯みがきなどによるセルフケアに加えて、かかりつけの歯科医院でのプロケア(定期検診)が重要です。定期的に適切なメンテナンスを受け、大切な歯を守っていきましょう。

定期的なメンテナンスを受けないでいると、何かの不具合が生じた場合、早期の対応ができないことがあります。メンテナンスを受けずに放置してしまった歯並びは、その後再治療が必要になったときに、非常に大きな治療をしなければならなくなる可能性があります。歯を長く大切に使い続けるために、治療後もしっかり定期検診を受けましょう。