短い治療期間について

短期治療について

矯正治療というと、2年程度と治療が終わるまで長期間かかるというイメージがあります。しかし、当院ではさまざまな方法により効率よく治療することにより、通常よりも数ヶ月~半年程度の治療期間の短縮を実現しております。
※患者さんの症状によって、治療期間は異なります。

マイクロインプラントの使用

マイクロインプラントインプラント矯正とは、「歯科矯正用アンカースクリュー」という微小なネジ(直径1.4〜2㎜、長さ6〜10㎜程度)を顎骨の部分に埋入して、歯を動かすときの支点として用いる治療法です。歯を失った後に、歯の代わりとして埋め込む「デンタルインプラント」とはまったく異なるもので、安全性が高く、治療期間が短縮できるのが特徴です。治療が終わればスクリューは取り外します。

インプラント矯正のメリット
・治療期間を短縮することができる
・患者さんにとって負担の少ない治療が可能になる
・従来の装置では難しいとされていた治療が容易になる
・治療の確実性と仕上がりのクオリティーが向上する

インプラント矯正の流れ
矯正用アンカースクリューの埋入は1本あたり5〜10分程度で終わります。埋入後の痛みはほとんどありません。また、歯を動かし終わった後はネジを抜きますが、たいてい麻酔は必要ありません。

当院のこれまでのノウハウによる治療期間の管理

矯正専門の医院矯正専門の医院
治療期間が延びる原因の一つに、定期的に通院できないことがあげられます。月に1~2回しか矯正治療の診療日がない場合でご予定と合わないときには、その分治療期間が延長していきます。また、ブラケットなどの装置がはずれ、応急処置のみの対応だけでも治療期間が延長します。当院では適切な時期に治療のご予約をお取りすることができるため、一般歯科医院で矯正治療を受けるよりも治療期間が短くなります。

インダイレクトボンディング法の採用

インダイレクトボンディング法矯正装置を患者さんの歯に装着するときには、ドクターは細心の注意を払います。どのように装置が歯に装着されたか、ほんのわずな違いが「きれいな歯並び」の仕上がりや「治療期間の短縮」につながってくるからです。当院では必要に応じこの方法を採用しております。

【インダイレクトボンディング法】
当院で行っている方法です。患者さんのお口に合わせたトレーを製作し、一度に装置を装着できるのが特徴です。

・インダイレクトボンディング法のメリット
施術時間が短いため、患者さんにかかる負担が少なくてすみます。また、模型上で装置の位置を決めていくことから、精度の高い装着が可能になります。結果として、歯が早くきれいに並びますので、全体の治療期間の短縮と治療結果の向上につながります。
・インダイレクトボンディング法のデメリット
技工作業が必要になるため、医院が負担する時間と経費がかかります。

【ダイレクトボンディング法】
多くの矯正歯科医院で一般的に行われている治療法で、ドクターが一つひとつの装置を歯に貼りつけていく方法です。

・ダイレクトボンディング法のメリット
技工作業が不要なため、医院にとっては時間や経費がかかりません。
・ダイレクトボンディング法のデメリット
すべての歯に装置を装着し終えるまで、患者さんには30分以上もお口を開けていただく必要があります。また、お口の中に装置を誤差なく正しい位置に装着することは、技術的にもかなり困難だといえます。

治療の流れ
【STEP 1】患者さんの歯型を型取りします
次へ
【STEP 2】模型上に装置を貼りつけていきます
次へ
【STEP 3】トレーを製作をします
次へ
【STEP 4】トレーを使い、歯に装置を装着します