12〜14歳の矯正

12〜14歳までの矯正

この年頃のお子さまは自分の外見が気になる時期で、ちょっとしたことにも悩みやすい特徴があります。歯並びが悪かったり、歯並びのせいでうまく発音できなかったりするのは、大きなコンプレックスの原因となります。この時期は、保護者の方の歯並びに対する考え方しだいで、お子さまの歯並びが決まると言ってもいい時期でもあります。お子さまに、歯のトラブルがない人生を贈りましょう。

12〜14歳までの矯正

12〜14歳の矯正12歳臼歯が生えてきて永久歯が生えそろい、かみ合わせが完成しようとする時期です。Ⅱ期治療(ワイヤー矯正)のなかで最も歯の移動が早い時期であり、1.5年~2年程度で保定へ移行できる可能性が高い時期です。早い人は高校入学のころに治療が終了できるでしょう(最初の状態により個人差があります)。

歯を抜かない治療が適応の方はマイクロインプラントを使用しないでも行えます(もちろん使用可能な方でご希望があれば使用させていただきます)。

歯並びがデコボコになっている場合、すべての歯を無理矢理並べようとすると、顎の骨に歯が収まりきらず、かえってかみ合わせが崩れたり口元が膨らんだりするなど、悪い影響が現れるリスクがあります。このような場合には、抜歯をして歯の数を減らして治療します。

またこの時期はみなさん学校生活や部活動、塾や習い事が忙しいだけでなく、思春期を過ぎたころであり、比較的歯みがきがおろそかになりやすい時期でもあります。この時期にご本人のブラッシングの徹底的な意識づけも、あらためて行える時期かと思われます。

目立ちにくい装置で学校生活をエンジョイできる

12〜14歳の矯正永久歯が生えそろっている場合には、裏側矯正もできますし、見えにくい白いワイヤーなどもご用意しています。当院では、学校生活に支障が出ないよう、お子さま一人ひとりに最適な治療計画をご提案しております。

乳歯と永久歯が混在している場合の矯正

12〜14歳の矯正まだ永久歯が生えそろっておらず、乳歯が混在しているお子さまでも透明なマウスピースを使った矯正ができるようになりました。10代向けの「インビザライン・ティーン」は透明で滑らかなプラスチックでできたマウスピースなので、矯正治療をしていることをお友だちに気づかれることがありません。自由に取り外しができるので、歯みがきやフロスなど、歯のお手入れをするのも簡単です。