口の中全体の検査

口の中全体の検査

矯正治療をはじめる際に、各種の装置をつける前に行うべきことがたくさんあります。とくに、事前の検査はこれから行う具体的な治療方法を提示するために重要な資料となります。当院では精度の高い治療を行うために、お口の中全体の検査を2回に分けて行っております。

一回目の検査で行うこと

●レントゲン撮影口の中全体の検査
歯全体の骨格を検査します。歯並びだけでなく、歯根の状態や顎全体の形も確認することができます。また、親知らずなど、普通は歯ぐきに埋まっていて目視できないような歯を見つけることもできます。

●歯型の採取
レントゲンだけでは分かりづらいかみ合わせを確認するために行います。一回目の検査時に抜歯の必要性についてのお話しをいたします。この時に、患者さんのご要望もうかがいます。

二回目の検査で行うこと

さらに細かい部位について、検査を行います。

●口腔内写真・顔貌写真の撮影口の中全体の検査
お口の中の写真と、お顔の写真を撮影させていただきます。矯正治療をすると口元の形が変わります。笑ったときの歯の見え方、歯並びの中心位置がどこにあるかなど、歯並びを整えるために必要な情報がお顔の写真から読み取ることができます。そのため、お顔の写真は重要な資料となるのです。

●各種疾患の検査
・歯周病の検査
歯周ポケットの深さや出血の有無を調べ、歯周組織の状態を調べます。
・顎関節症の検査
顎の関節が顎関節症のために不安定な状態になっている場合、よいかみ合わせに治療することが難しくなるため、必要がある場合は「スプリント療法」と呼ばれるマウスピースを使って顎の位置を安定させる治療を施します。
・歯根部、上顎洞の検査

セファロ(頭部X線規格写真)

セファロ(頭部X線規格写真)セファロは、矯正歯科専用の特別なレントゲンで顔の骨格を調べるために使われます。とくに横を向いたときのセファロは、矯正治療をはじめる際には欠くことのできない資料となります。

たとえば上顎前突症(出っ歯)の原因について、上顎が出ていることからなのか、上歯が出ているからなのか、あるいは下顎が小さいためなのか、などといったことを判断します。成長期にある患者さんの場合には、時期の異なる2枚の写真から成長の方向と量を知ることができ、具体的な治療に対する反応も、ある程度予測できます。

セファロ(頭部X線規格写真)※一回目、二回目の検査結果を総合して治療計画を立て、次回の診察時に患者さんにご説明いたします。抜歯についてもご説明しますが、抜歯を望まない場合にはその旨、お伝え下さい。当院ではできる限り患者さんのご要望に沿った治療を行っていく方針です。