予防歯科としてのかみ合わせチェックを

矯正治療とは虫歯や歯周病などと同様に、一般に病気が進行してから治療をするよりも、早い時期に治療やメンテナンスをする方が、治療期間が短く費用もかからずに済むものです。いいかみ合わせでない場合、歯は長い年月をかけてゆっくりと動き、さらに悪いかみ合わせへと変化していきます。そのため、かみ合わせを定期的にチェックすることにより、大きな治療をせずにすみます。

たとえば、部分的に正しくかみ合っていない歯があるという場合、放置しておいて歯周病になったりすると、歯を支える骨(歯槽骨)が痩せていくので歯並びが次第に崩れていき、かみ合わせ全体が悪くなるケースがあります。

歯並びとかみ合わせを定期的にチェックしメンテナンスすることで、歯並びの崩れを極力抑え、かみ合わせを保つこともできるのです。歯周病にならないよう日頃から予防し、そして歯並びやかみ合わせもこまめにチェックしていくことが大切だといえるでしょう。

歯並びが悪いままだと